侍・稲葉監督 長嶋さんからの激励に応え因縁の韓国撃破!「もう一度結束して決勝へ」

[ 2021年8月5日 05:30 ]

東京五輪第13日 野球準決勝   日本5―2韓国 ( 2021年8月4日    横浜 )

<日本・韓国>韓国に勝利し山田(左)を笑顔で出迎える稲葉監督(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 稲葉監督は韓国撃破にも表情を崩さず、7日の決勝戦へ視線を向けた。「非常に大きな1勝。ですが我々の目標は金メダルなので、もう一度結束して決勝へ向かう」と話した。

 アテネ五輪予選の指揮を執った長嶋茂雄氏(巨人終身名誉監督)に電話で「頑張ってくれ」と激励されて臨んだ一戦。相手先発の変則右腕に対し、不動の打線を初めて動かした。7番に左打者の近藤を入れ、菊池涼を外して二塁を山田に任せた。「あの投手は、右より左打者の方が打ちやすいだろうと」。結果的に二塁に残した格好の山田が決勝打で応えた。

 2回開始時には球審にマウンド整備を訴えた。先発・山本はプレート前の土が盛り上がり、着地は滑りやすく感じていたという。「軟らかさがあって、整理してもらえないかと」。冷静な指摘でマウンドはならされ、山本は6回途中まで2失点と試合をつくった。

 韓国は08年北京五輪の準決勝で敗れた宿敵。前日には「私には特別な相手」とも意気込んだ。だが、敗者復活3回戦の結果次第では、決勝で再び相まみえる可能性もある。17年の就任以来、韓国戦は5戦5勝となった。真の雪辱には、最後のあと1勝が必要となる。(後藤 茂樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年8月5日のニュース