勢い止まらぬ日本ハム・浅間、2戦連続猛打賞 甲子園出場の母校にエールも

[ 2021年8月5日 06:30 ]

プロ野球エキシビションマッチ   日本ハム5―2DeNA ( 2021年8月4日    函館 )

<日・D>6回無死一、三塁、適時打を放つ浅間(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 新リードオフマンの日本ハム・浅間の勢いが止まらない。球団4年ぶりの函館開催となったエキシビションマッチのDeNA戦で、3安打の活躍。4安打を放った7月31日の中日戦に続く2試合連続の猛打賞で「練習でいい形で捉えられている。試合でいろいろ投手は代わるけど、形として出せている打席が増えているのはいいこと」とうなずいた。

 これでエキシビションマッチは出場した4試合全てで安打を放ち、13打数9安打と驚異の打率・692。練習で強く振ることを心掛けているのが好調の要因と自己分析する。「形も大事だけど、しっかりと振り抜くことを意識している」と下半身主導のフォームで安定感が増してきた。

 母校・横浜高の甲子園出場が決定。大会2日目の10日にチームメートの堀の母校・広島新庄と初戦を戦うことが決まった。堀とも「初戦ですね」と母校対決が話題となったそうで「まずは初戦を取ってほしい」と後輩にエールを送っていた。(東尾 洋樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月5日のニュース