侍・山田 不慣れな1番も…救われた稲葉監督の言葉「何も変えなくていい」

[ 2021年8月5日 05:30 ]

東京五輪第13日 野球準決勝   日本5―2韓国 ( 2021年8月4日    横浜 )

<日本・韓国>8回2死満塁、適時二塁打の山田(左から4人目)はナインの出迎えを受ける(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの山田は8回の打席を「1球目から打つというのは、ネクストバッターズサークルから決めていた」と振り返った。積極性が真骨頂。それが決勝打を生んだ。これには稲葉監督の心遣いがあった。

 仙台合宿中の24日に行われた楽天との強化試合。「1番」での起用を通達されていた練習中の山田に、指揮官が歩み寄った。「1番だからって何も変えなくていいから。いつも通り(ヤクルトでの山田)でいこう」。胸の中にスッと染みた。

 「(稲葉)監督にも言ってもらいましたし、1番でも何も変わらない。積極的にいこうと」。今季のヤクルトでは全試合3番。過去には、1番は「苦手」と口にしたこともある。1番打者は相手投手に球数を投げさせるのも役目の一つ。だからこそ本来のスタイルとは異なる代表での「1番」に戸惑っていた。

 8回の打撃は「少し詰まった」というが、迷わず初球をフルスイングした分、打球は伸びた。(遊軍・川手 達矢)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年8月5日のニュース