レッドソックス・沢村 1点差の無死二塁から登板 併殺などで切り抜ける

[ 2021年8月5日 02:30 ]

ア・リーグ   レッドソックス2―4タイガース ( 2021年8月3日    デトロイト )

<タイガース・レッドソックス>5回途中から登板し、1回を無安打無失点だったレッドソックス・沢村(AP)
Photo By AP

 レッドソックスの沢村が好救援を見せた。1点ビハインドの5回無死二塁のピンチで2番手で登板。1死から四球を与えたものの、4番のカブレラを変化球で狙い通り遊ゴロ併殺打に仕留めた。

 7月下旬に痛めた右腕のコンディションも良好。ただ、打線低調なチームは5連敗でアレックス・コーラ監督は「ダメージを最小限にしようと沢村を送り出したが、攻撃が何もできなかった」と嘆いていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年8月5日のニュース