巨人・坂本が志願特打で128スイング4発 新井貴浩氏と打撃論交わす 22日に紅白戦出場

[ 2021年2月21日 18:18 ]

<巨人沖縄キャンプ>居残り特打をする坂本(左)と談笑する新井氏(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(32)が21日、レギュラー陣でただ一人、志願して居残り特打を敢行。128スイングで4本の柵越えを放ち、順調な仕上がりを見せた。

 「良い感じで守備も打撃もトレーニングもできている。コンディション的には凄く良い」

 視察に訪れた新井貴浩氏(スポニチ本紙評論家)とは身振りを交え打撃論を交わし「僕が感じたことと一致していた。なるほどなと思うアドバイスを頂けた」とさらなるレベルアップへ貪欲な姿勢を見せた。

 22日には主力と若手が激突する紅白戦に出場する。「結果というよりは強く振って、守備もちゃんと動けたら、それでいい」。今季初の実戦に向け、黙々とバットを振り込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月21日のニュース