阪神・藤浪 最速154キロで3回無失点 今春2度目の実戦マウンドでも結果

[ 2021年2月21日 14:07 ]

練習試合   阪神―広島 ( 2021年2月21日    沖縄・宜野座 )

<練習試合 神・広>力投する藤浪(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神の先発・藤浪晋太郎投手(26)は3回2安打無失点。今春初の対外試合で結果を残した。

 初回は1死から羽月を二塁・糸原の失策で出塁を許すも、続く野間の打席で梅野が羽月の二盗を阻止。最後は野間を1―2から146キロのスプリットで空振り三振に仕留めた。

 続く2回は4番の新助っ人・クロンを右飛に打ち取ると、松山には二塁への内野安打を許したが、続く大盛を150キロ直球で空振り三振、林は148キロで見逃し三振を奪った。

 3回は先頭・石原の左前打から自身の暴投も絡んで一死三塁とされるも、田中広への5球目で飛びだした石原を梅野が三塁送球で刺して救った。田中広へは四球も、最後は羽月を遊ゴロに打ち取って3イニングを終えた。

 14日登板予定の広島戦が雨天中止になったこともあり、2回無失点だった7日の紅白戦以来、今春2度目の実戦マウンドで結果を残した。前クール最終日の19日には登板に向けて「結果が求められるのもそうでしょうし、その中でブルペンで取り組んでいることを出していければ」と意気込んでいたが、最速154キロを計測し、3三振を奪うなど内容も充実したものだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月21日のニュース