ヤクルト・ライアン 最短6・19開幕見据え「気持ちのスイッチも入れていきます」

[ 2020年5月14日 05:30 ]

「ズーム」で取材対応するヤクルト・小川
Photo By 提供写真

 ヤクルト・小川が開幕に向けて本格的に動きだした。最短で6月19日の開幕を目指すことが決まり「気持ちのスイッチも入れていきます。練習内容も少し変えながら実戦に近づいていける」と歓迎した。

 開幕延期決定後はツーシームの習得に励み「今年は使える」と手応え。現在は遠投調整の中で投球フォームに変化をつける。「モーションを変えたりして打者のタイミングを外すことをイメージしながらやっています」。野球以外の時間を使って英会話と自炊にも挑戦。目標が見え始め、ここからギアを上げていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月14日のニュース