中日・田島 右肘手術から1カ月「ここまでは順調」、可動域広げ筋力回復努める

[ 2020年5月14日 18:58 ]

中日・田島
Photo By スポニチ

 右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた中日・田島が手術から1カ月がたち「ここまでは順調だと受け止めている」と回復状況を明かした。

 現在は肘の曲げ伸ばしなど少しずつ可動域を広げ、筋力の回復にも努めている。実戦復帰は来季となる見通しだが、復活に向けてモチベーションとなっているのがチームメートの存在だ。

 特に「先輩のようで先輩じゃない。先輩は先輩なんですけど」と仲の良い大野雄への思いは強く「大野さんに『後は任せた』と思われるようにリハビリをして、きっちり治したい」と意欲。エース、守護神としてチームを支えてきた2人の絆の強さをうかがわせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月14日のニュース