中日は段階的に全体練習へ戻す方針 与田監督「実戦に向けての準備考えている」

[ 2020年5月14日 05:30 ]

練習を見つめる中日の与田監督
Photo By スポニチ

 中日・与田監督が代表取材に応じ、6月後半を目指す開幕に向けて「練習内容は少しずつ変えていこうと思っている。実戦に向けての準備は考えている」と練習強度を上げる方針を示した。

 4月下旬から1勤1休、2人1組での自主練習を継続。特定警戒都道府県の一つに当たる愛知県の緊急事態宣言が、きょう14日にも解除決定の見通しで、段階的に全体練習の形に戻す考えだ。ただ、最短開幕なら準備期間は1カ月強。「選手たちが気持ちの部分でも整っていない中で開幕を迎える可能性もある。一番心配なところはケガ」と慎重な配慮も示した。

 ナゴヤ球場で自主練習した主砲のビシエドは「(開幕の)日にちが決まるというのはモチベーションになる。試合感覚を戻したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月14日のニュース