オリ田嶋 自主練習で「基本を見つめ直して」 リフレッシュ方法は「とにかく寝ています」

[ 2020年5月14日 12:13 ]

京セラドームで自主練習したオリックス・田嶋(球団提供)
Photo By 提供写真

 オリックスの田嶋大樹投手(23)が14日、京セラドーム大阪での自主練習後に、オンライン取材に応じた。

 「今日はアップ後に、キャッチボールとランニングをしました。新しく取り組むこと、というよりは基本を見つめ直して、やっています」。大阪市内の球団施設で自主練習に励んでおり、現在は2~3日に1度のペースでブルペン投球を行うなど調整している。

 外出自粛が続き、「おうち時間」が増えている。自室ではストレッチを重点的に行っており、関節可動域が広がっていることを実感しているという。「元々、腕のしなりで投げるタイプなので、良い感じで投げられているというか、イメージ通り投げられている感じです」。リフレッシュ方法は、「とにかく寝ていますね。寝るのが好きなので。多い時は半日くらい寝ている。今は自主練習をしているので、平均7時間くらいです」と照れ笑いを浮かべた。

 昨季は10試合に登板し、3勝4敗、防御率3・44。開幕ローテーション候補の1人で、山岡&山本のダブルエースに続く3本目の柱として期待が懸かる。

 最短で6月19日の開幕を目指す方針が決まったことには、「モチベーションにもなるし、開幕の日が近づくのは嬉しいこと。しっかり、その日に合わせられるようにできれば」と抱負。日程的な問題で、対外試合を含めた実戦登板の機会は限られることが予想されるが、「チームの方針通りにやるだけです。開幕まで2試合もあれば、いいのではないでしょうか」と仕上がりの良さに自信を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月14日のニュース