楽天・牧田 ブルペン入り増やし“プラス思考”で調整「今できることをやるしかない」

[ 2020年5月14日 05:30 ]

自主練習後、リモート取材に答える牧田(球団提供)
Photo By 提供写真

 楽天・牧田が楽天生命パークで自主練習後にオンライン取材に応じ、活動休止中は則本昂と河川敷で遠投などを行っていたと明かした。

 一般の人から注目を浴びた状況にも「ある意味、ファンサービス。世界中がこんな状況。普段と違うものがたくさん出てくる」と受け入れた。今後はブルペン入りの回数を増やして調整ペースを上げる予定。「未来を良くするには今できることをやるしかない。マイナスに考えていくと何をすべきか見えなくなってくる」とプラス思考を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月14日のニュース