DeNA・三嶋「練習なくなっても…」 オフ期間も体調管理徹底「もっと気をつけないと」

[ 2020年3月29日 15:43 ]

<DeNA練習>報道陣の質問に答える三嶋(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは3日間の完全オフを経て、29日から自主練習期間となった。多くの選手が横浜スタジアムを訪れる中、三嶋一輝投手はトレーニングやキャッチボールをを行った。

 3日間はコロナウイルスに関するニュースを見ながら「情報をチェックしていた。野球界に関わる人間で(感染者が)出てきたということは、もっと気をつけないといけないと思った」と体調管理を徹底し、外出を控えて過ごしたという。

 「動画を見る時間はある」と自身の投球映像を見直す勉強の時間にもなったようで「練習がなくなってもやってきたことがゼロになるとは思わない。まずは横浜DeNAベイスターズの選手として健康でいることが大事」と口元を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月29日のニュース