日本ハム・清宮 2軍施設で自主練「ありがたいことに野球させてもらっている」

[ 2020年3月29日 05:30 ]

2軍施設の室内で打撃練習する清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 感謝の気持ちを胸に、バットを振った。日本ハム・清宮が28日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主練習を敢行。ティー打撃などで約2時間半、汗を流し「(コロナ禍で)何もできない人たちが多くいる中で、ありがたいことに野球をさせてもらっている」と思いを語った。コロナ禍の影響により、チームは1、2軍ともに全体練習を自粛。2月29日からは外出禁止も通達されるなど、行動も制限されているが、高卒3年目で初の開幕1軍入りを狙う大砲は「野球のことを考えるのはストレスじゃない。切り替えるほどではない」と言う。

 昨年10月に右肘手術を受け、キャンプは2軍スタート。それでも、2月中旬に実戦復帰を果たし、今月24日に行われた西武とのイースタン・リーグ練習試合では「今季1号」を放つなど、順調に復活ロードを歩んでいる。31日からはDeNAとの同練習試合3連戦(鎌ケ谷)が予定されており「しっかりと次の試合に合わせたい」とバットで行く先を照らす。(花里 雄太)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月29日のニュース