復帰の巨人・モタ 34打席ぶり弾「本当は4本打ちたかった」

[ 2020年3月29日 05:30 ]

巨人2軍、3軍紅白戦   3軍 4―5 2軍 ( 2020年3月28日    ジャイアンツ球場 )

8回、ソロ本塁打を放つモタ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 左太腿裏の肉離れから実戦復帰した巨人のモタが34打席ぶりに快音を響かせた。3軍の「1番・左翼」で出場し、4打席目の8回に逆方向の右翼席へソロアーチを放ち「ミートポイントを近くして打とうと思った。本当は4本打ちたかった」と振り返った。

 2月下旬に支配下登録を勝ち取るも、オープン戦22打席連続無安打で今月11日に2軍落ち。ファーム合流後も安打が出ず、足を痛めてリハビリ調整していたが、復帰即結果を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月29日のニュース