春季関東大会の中止を決定 新型コロナ感染拡大影響で

[ 2020年3月29日 13:37 ]

春季関東地区高校野球大会中止の経緯を説明する二渡論司・関東地区高野連会長(右)と城田雅人・同理事長(左)
Photo By スポニチ

 関東地区高校野球連盟は29日、さいたま市内で臨時理事会を開催し、「第72回春季関東大会」(5月16~24日、山梨県、参加1都7県18校)の中止を決定した。同大会の中止は史上初。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響を考慮したもので、同連盟の二渡論司会長(群馬県高野連会長)は「宿泊を伴う大会の感染予防を十分に整えることが困難だと判断した」と説明した。現時点でリスクをゼロに近づけての開催は難しく、選手や関係者の安全面、健康面を考慮して苦渋の決断を下した。

 各都県の春季大会もすでに東京、千葉は中止を決定。群馬県高野連はあす30日に評議委員会を開催し、春季大会開催可否について討議する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月29日のニュース