西武・山川 親友・森の激よわメンタルにきゅん 負けると「オレのせいじゃないって言って?」と…

[ 2020年1月26日 21:37 ]

 フジテレビ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)が26日に放送され、西武の山川穂高内野手(28)&森友哉捕手(24)の仲良しコンビが出演。2人でひたすらイチャイチャしながら爆笑トークを繰り広げた。

 「プロ野球仲良しペアSP」として放送された今回。2年連続パ・リーグ本塁打王の山川と2019年パ・リーグ首位打者&MVPの森は年齢は4歳違いながらも2013年ドラフト同期(森が1位、山川が2位)ということもあって以前から大親友であることはファンの間でも有名だ。

 トーク中、森の好きなところを聞かれた山川は「ヤンチャなくせにメンタルが激よわ」なところを挙げ「打つのはイケイケで“絶対いったる!”って感じなんですけど、守備では打たれたらベンチ裏に行って…」と落ち込んでいるポーズ。試合に負けると「山川さ~ん…きょうオレのせい?」「友哉のせいじゃないよ」と会話をかわすそうで、そう返してもらうと「めちゃめちゃうれしいですね」と森は満面笑み。「山川さ~ん…オレのせいじゃないって言って?」と山川が森の口調をマネすると、スタジオは爆笑に包まれた。

 番組の特別企画として静岡・熱海への“男2人旅”が敢行された際にも森は集合時間に12分も遅れ、遅れてもニコニコして焦らず。パワースポットの神社へのおさい銭から何からお金はすべて山川任せと“弟キャラ”を全開させた。山川が運転する車中では「野球に対して熱いよな」(山川)「トシは離れてるけど、友達。同い年の友達みたいな感覚でしゃべれるところかな」(森)とお互いの好きなところを語り、「オレ、親友いないもん」(山川)「おれへん?ほんまに正直に話せる人っておれへん?」(森)「だからお前がそれに一番近いんじゃない?」(山川)としんみり会話。妻子ある身の山川が思わず「結婚する?」と森に“プロポーズ”すると、番組MCの「ダウンタウン」浜田雅功(56)らスタジオは再び大笑いとなった。

 この日の番組の中で「Baseball」のつづりを「BaSeBoll」と書いた森は、神社におさめた絵馬の「打倒ソフトバンク」の「倒」の字もなぜか「にんべん」ではなく「ぎょうにんべん」で書く“勉強苦手キャラ”も全開。旅の最後に露天風呂で汗を流した2人は、旅館で料理に舌鼓を打ちながら今後についても語り合った。

 そこで結婚の予定について聞かれた森が「結婚したいけど…」と口ごもると、山川は「結婚いいよ、マジで。オレの奥さんみたいな人がいいと思うよ。お前もよく知ってるけど」とアドバイス。森が「なんで結婚できへんのやろ、オレ…」とつぶやくと、山川は「まず、付き合お?」と森の“彼女ナシ”をあっさり暴露した上で「しっかりした人と」と注文を付けた。そして「お前が本当に結婚したいとか付き合う時には一回オレに紹介して。オレが判断するから」と山川。森が「うん。大事やな」と答え、さらに絆を深めて2人旅は終了したのだった。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月26日のニュース