ヤクルト新助っ人・イノーア こだわりのヒゲと打者研究「自分の力を最大限に出したい」

[ 2020年1月26日 05:30 ]

来日したイノーア
Photo By スポニチ

 ヤクルトの新外国人で昨季オリオールズでプレーしたガブリエル・イノーア投手(26)が成田空港着の航空機で来日した。昨季は36試合に登板したメジャー通算4勝右腕は「自分の力を最大限に出したい」と意気込みを語った。

 最速96マイル(約154キロ)の直球とスライダーが武器でゴロを打たせるタイプの先発候補。同じく先発のクック、スアレスと外国人枠も含めて争っていくことになる。既にユーチューブで日本人打者の映像をチェックするなど予習をしている。

 頬から顎にかけては「こだわっている」と言う豊かなヒゲ。口内には歯列矯正を施して来日した。「熱いものを食べると痛いときもあるけど、日本ではスシをいっぱい食べるよ」とニヤリ。生魚も平気で食すドミニカ共和国出身の右腕が日本の強打者も平らげる。(黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月26日のニュース