楽天・則本昂、被災の子供たちを支援「たくさんのイニングを投げて寄付したい」

[ 2020年1月26日 05:30 ]

囲み取材を受ける則本昂(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 楽天の則本昂大投手(29)が25日、仙台市の楽天生命パークで自主トレを公開した。

 則本昂は個人による社会貢献活動をスタートさせた。この日は公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」へ、背番号「14」にちなんで140万円を寄付した。同法人は東日本大震災による被災した子供たちを支援しており、今季はポストシーズンも含めて1イニングごとに1万円を寄付する方針。贈呈式で則本昂は「経済的に厳しくて夢を諦める子供たちがいると聞いた。たくさんのイニングを投げて寄付したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月26日のニュース