西武 山川、今季初めて室内練習場で汗 充実沖縄トレをアピール、森から「エグい」

[ 2020年1月26日 16:33 ]

ノック練習で体を動かす西武・山川
Photo By スポニチ

 2年連続本塁打王の西武・山川穂高内野手(28)が26日、今季初めて埼玉県所沢市内の室内練習場で汗を流した。森友哉捕手(24)らと実施した沖縄自主トレを打ち上げ、気温差20度ほどの室内でも半袖姿。約1時間ほどキャッチボール、ノック中心に軽めに調整した。

 「今日はバットがないので打ちません」とまずは笑顔。沖縄自主トレについては「自分で自分のことは何とも言えない。でも森は“山川さんエグい、エグい”と言っていた。森からすると、俺は相当いいらしい」と、仲間を介し充実した内容だったことをアピールした。

 今季は球団では90~92年のデストラーデ以来となる3年連続本塁打王を狙い、加えて中村剛也内野手(36)から4番を奪い返すシーズンとなる。「危機感を持ってやっていますよ。自主トレとキャンプをセットで考えている。開幕スタメンを目指し、そこで100%になればいい」と力を込めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月26日のニュース