ロッテ藤原、2年連続開幕スタメン狙う FA加入の福田を「抜かないと」

[ 2019年12月17日 05:30 ]

検見川小学校を訪れ「マリーンズ算数ドリル」(令和元年冬号)をプレゼントしたロッテ・藤原
Photo By スポニチ

 ロッテ・藤原が千葉市立検見川小で「マリーンズ算数ドリル」の贈呈式に参加した。

 1年目の今季、開幕戦に「1番・中堅」で先発したものの、わずか6試合の出場で打率.105。来季はソフトバンクからFA移籍した福田秀が加わり、外野の競争は激化するが「抜かないと試合に出られない。開幕スタメンを目標にやりたい」と意気込んだ。球団高卒新人では55、56年の榎本喜八(当時毎日)以来64年ぶり2人目となる2年連続開幕スタメンに挑む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月17日のニュース