現役審判員が高校生ら指導 アンパイア・スクール

[ 2019年12月17日 05:30 ]

アンパイア・スクールを受講した黒鵜太陽さん(左)と星秀幸さん
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は16日、さいたま市のロッテ浦和球場で開催されている審判員養成のための「NPBアンパイア・スクール」を報道陣に公開。計62人が受講し、現役審判員らの指導を受けた。

 プロの審判員を目指す作新学院3年の黒鵜(くろう)太陽さん(18)は、チームメートの星秀幸さん(18)と参加。野球部ではマネジャーで「父が県野球連盟で審判をしていて身近だった」という。卒業後は国際武道大に進学。野球部でマネジャーを務める予定で「大学に通いながら審判を目指したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月17日のニュース