侍ジャパン 五輪直前合宿は仙台で開催 山中強化本部長「調整して福島へ乗り込んでいく」

[ 2019年12月17日 19:33 ]

 侍ジャパンのスタッフ会議が17日、都内のホテルで開かれ、20年東京五輪開幕前の7月22日から約1週間、楽天の本拠・楽天生命パークで合宿を行うことを決めた。稲葉篤紀監督(47)やコーチ陣らが参加。山中正竹強化本部長は「仙台でスタートし、調整して福島へ乗り込んでいく。移動も考えそれが一番いい」と説明した。

 仙台合宿期間中には強化試合を2試合行う予定。対戦相手は未定で、プロ野球12球団のいずれかになる可能性が高いという。

 東京五輪は7月29日に福島市の福島あづま球場で開幕戦を迎える。2戦目以降は横浜スタジアムへ舞台を移すが、11年東日本大震災からの「復興五輪」として開幕戦の球場に決まった。同じく被災した仙台から、復興ロードを歩み金メダルを目指す。決勝は8月8日に行われる。

 プロ野球は7月20日のオールスター第2戦(ナゴヤドーム)を最後に、8月13日まで中断する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月17日のニュース