ヤクルト村上、5・6倍増の4500万円!ゴジラ松井に次ぐ高卒3年目高額年俸

[ 2019年12月17日 05:30 ]

5倍以上の大幅アップで更改し、笑顔を見せる村上(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上宗隆内野手(19)が16日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3700万円増で約5・6倍となる年俸4500万円でサインした。2年目の今季は36本塁打、96打点をマークし、新人王を獲得。高卒3年目野手の年俸としては巨人・松井秀喜の6200万円に次ぐ2番目となった。若き主砲は来季の目標に3割、30本塁打、100打点を掲げた。

 契約更改後の会見。ひとしきり質問に答えた後、村上は神妙な顔つきで切り出した。

 「僕からいいですか。(3年前に)地震で熊本城が被災してしまったんですけど、来季は本塁打を1本打ったら…。シーズン終わりに寄付します」。3700万円増の大幅昇給を果たした19歳は、故郷のシンボルの復旧のためにひと肌脱ぐことを明かした。本塁打1本につき、一定額を寄付。金額は今後決めるという。

 熊本城は幼少期、遠足で訪れたこともある。その思い出の地が16年の地震で傷ついた。「ずっと熊本で育ってきた。(被災者の方に)元気になっていただきたい。皆さんに(熊本城に)来ていただけるように、少しでも力になりたい」。地震発生時は九州学院の2年生。当時もボランティア活動を行ったが、プロ野球選手として故郷に恩を返していく。

 2年目の今季は36本塁打、96打点。高卒2年目以内では中西太(西鉄)に並ぶ最多本塁打で、打点は単独最多だった。来季年俸4500万円は高卒3年目野手では松井秀喜に次ぐ2番目で、MVPの巨人・坂本勇、西武・森の3年目の年俸を抜いた。来季は「本塁打基金」のためにも飛躍する。この日、ソフトバンク移籍が発表されたバレンティンの穴を埋める活躍も期待され「応えられるように頑張りたい」と誓った。

 普段は具体的な数字の目標を口にしないが、はっきりと「3割、30本、100打点を目指す」と言い切った。達成すれば、昨季高卒4年目で達成した巨人・岡本を超えて史上最年少となる。「高い目標を持って、日本一に貢献しないといけない」。1月には今年と同様に米国で先輩の青木らと自主トレを行う。チームのため、故郷のため。和製大砲は、さらにレベルを上げる。 (黒野 有仁)

○…来季3年目となる村上(ヤ)が年俸4500万円で契約を更改した。高卒野手3年目では95年松井秀喜(巨)の6200万円に次ぐ2番目の高給。高卒3年目での4500万円到達は球団では投手を含めても初めてとなった。なお、投手を含めた高卒3年目最高額は01年松坂大輔(西)、15年大谷翔平(日)の1億円となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月17日のニュース