オリックス、スカウト体制一新 古屋氏と中川氏が退団へ 来季も育成路線は継続

[ 2019年12月17日 05:45 ]

オリックスの古屋英夫編成部副部長
Photo By スポニチ

 オリックスの古屋英夫編成部副部長(64)と中川隆治アマスカウトグループ長(47)が、今季限りで退団することが分かった。今秋のドラフトで中心となった2人の退団により、来季からスカウト体制は一新。牧田勝吾チーフアマスカウトや山口和男スカウトらが中心となり進めていく模様だ。

 一方でドラフト戦略は来季も不変。今季は球団初となる「社会人選手の未獲得」や「支配下選手より育成選手の獲得が上回る」といった育成路線に舵を取ったが、関係者によると「来年もその路線」だといい、育成のオリックスを推し進める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月17日のニュース