広島 床田「大瀬良流スライダー」の完全習得目指す

[ 2019年12月2日 05:30 ]

 広島・床田は1日、広島市内でのトークイベントに参加し「大瀬良流スライダー」の完全習得を期した。

 「(右打者への)外スラ(外角スライダー)を投げていきたい。大瀬良さんは、外スラでカウントを取れている。同じような使い方をしたい」

 今季は対左打者の被打率・264に対し右は同・238とそれほど打たれていない。ただ、相手の研究を上回るために投球の幅を広げる必要がある。すでに、会沢からの提案で今季途中から実戦でも試投。「イメージは良くなかったけど、データ的にはあまり打たれていない」と、まずまずの結果を得た。

 ただ、右打者の外角から真ん中方向に変化するため、制球ミスが命取りになる。「やっぱり怖い。力が入ると真ん中にいく。制球力がまだまだ備わっていないと感じる」。投げることで不安を解消していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月2日のニュース