阪神 ドラ3及川 近本級の快足 垂直飛びも断トツ「瞬発力には非常に優れている」

[ 2019年12月2日 05:30 ]

ウォーミングアップでダッシュする及川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神からドラフト3位指名された及川(横浜)は1日、新人体力測定で6種目中2種目でトップの数値を示し、同1位指名の西らと並んで「高校生BIG4」と称された実力の片りんをいきなり見せた。

 「周りに比べたら体もまだ細いので、まだまだ成長しないといけないなと思います」

 謙虚な言葉とは対照的に、たたき出した数字はプロレベルに達していた。30メートル走は3秒91。チームトップクラスの植田、近本、江越の3秒8台に迫る俊足ぶりを発揮すると、垂直跳びでも断トツの73センチをマークした。

 計測に立ち会った権田康徳トレーナーも「垂直跳びが73センチで昨年の近本の数値(92センチ)には及ばないですけど、瞬発力には非常に優れている。体作りをしっかりしていけば非常に楽しみな選手」と称賛。秘めたるポテンシャルの高さを早くも見せ、次代のエース候補に違わぬパフォーマンスを披露した。

 その潜在能力を刺激する出来事もあった。見学した甲子園歴史館では、横浜高の先輩にあたる松坂の高校時代のユニホームに熱視線。「横浜高校と言えば松坂大輔さんが一番にあがる存在。利き腕は違いますけど、同じ投手として(勝ち星など松坂の)記録だったりそういうところを目指してやっていきたい」と決意を新たにした。

 「(松坂の)ストレートのキレはすごいと感じたので(目指すのは)そこですね。(甲子園では)悔しい思いもしたので晴らしていけたら」

 平成の怪物を追いかける153キロ左腕が、令和で一時代を築く。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月2日のニュース