日本ハム 札幌市青少年科学館のイベントに球団職員が出演

[ 2019年12月2日 12:55 ]

プラネタリウム番組試写会の様子
Photo By 提供写真

 日本ハムは2日、7月からプラネタリウム番組「もりのやきゅうちーむ ふぁいたーず ほしのせかいへ」を公開している札幌市青少年科学館のイベントに、球団職員が出演すると発表した。日本各地にある球場から見たそれぞれの星空や、日本ハムのマスコットの名前と北極星の関係、宇宙で野球をしたら?など、天文係の職員の方との掛け合いで星と野球の意外なつながりを紹介する。

 【実施概要】
■イベント名:プラネタリウム祭り「星空×ファイターズ」(主催:札幌市青少年科学館 協力:北海道日本ハムファイターズ)
■開催日:12月14、15日午後2時~午後3時
■場所:札幌市青少年科学館1階プラネタリウム(札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2―20)
■料金:大人500円、中学生以下無料
■申込:当日午前9時半から会場でチケットを販売
■定員:各日180名
■出演:12月14日 
北海道日本ハムファイターズ職員・南谷彩佳(プラネタリウム番組ナレーション担当)
・12月15日 同・倉部亮(プラネタリウム番組監修)
■問い合わせ先:札幌市青少年科学館 TEL011―892―5004(受付時間午前9時15分~午後4時45分)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月2日のニュース