中日ドラ4位 慶大・郡司、柳先輩と裕也バッテリーでプロでも日本一!「そういう運は持っている」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

ドアラのぬいぐるみを手に笑顔の郡司(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 中日からドラフト4位指名された慶大・郡司裕也捕手(21)が22日、都内のホテルで入団交渉し契約金5000万円、年俸900万円(金額は推定)で仮契約。秋の大学日本一を決める明治神宮大会優勝に導いた主将は、プロでも日本一を誓った。

 「中・高・大と日本一になった。そういう運は持っていると思う。自分一人で達成できたわけではないので中日でも出会いを大切にプロでも目指したい」

 中学時代は千葉シニアでプレーし3年春の全国大会で優勝。仙台育英高でも2年秋に明治神宮大会を制した実力と強運の持ち主は、頂点に立つ喜びを誰よりも知っている。

 中日で、明治神宮大会Vを手土産に入団するのは柳(当時明大)以来。奇しくも、名前が同じ「裕也」だ。さらに自身が1年だった16年11月の東京六大学リーグ選抜VSヤクルトでバッテリーを組んだという。「その時は打たれたので申し訳なかったんですが、早くバッテリーを組みたい」。“裕也バッテリー”での日本一を夢見る。

 優勝した今秋リーグ戦では戦後14人目となる3冠王に輝き、明治神宮大会でも関大との決勝で先制2ランを含む4打点と打撃には自信を持つ。「まずはバッティングでアピールして、そこから頭を使った配球やリードで試合をつくれたら」。持ってる男が竜も07年以来の日本一に導く。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月23日のニュース