アストロズ 17年サイン盗み疑惑受け18、19年も調査対象に コミッショナー明かす

[ 2019年11月23日 02:30 ]

 アストロズのロブ・マンフレッド・コミッショナーは、アストロズが17年に本拠地で電子機器を使って相手捕手のサインを盗んでいたとされる疑惑に関し、18、19年も調査対象とすることを明かした。

 調査結果次第で何らかの罰則を科す意向の同コミッショナーは「手掛かりをたどって徹底的に調べ上げる」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月23日のニュース