阪神・球児 異例の納会翌日「火の玉」始動!不惑シーズンへ覚悟「年齢は関係ない。勝たないと」

[ 2019年11月23日 05:30 ]

鳴尾浜を訪れ笑顔でキャッチボールする藤川(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神の藤川球児投手(39)が22日、鳴尾浜球場で早くも来季に向け始動した。開幕が今季より9日早い3月20日になることを考慮し、背番号22がプロ22年目に向け、自身の代名詞である「火の玉ストレート」を想起させる異例のスピードスタート。来年7月21日に40歳を迎えるが、復活した守護神として2005年以来のリーグ優勝へ迷わず突き進む。

 「原点の地」で早くも藤川が動いた。21日夜に球団納会を終えたばかり。ベテランはまだ、疲れを癒やしながら家族との時間を過ごしていてもいい時期に、鳴尾浜にさっそうと姿を見せた。

 「来年早いんでね、開幕が。もう十分休んでいるし。今日からスタート。鳴尾からだいたいスタートするので。鳴尾浜に来たということは、初心で、来年に向かってのスタート。僕にとってはここがいつも最初だから」

 98年ドラフト1位で高知商から入団。プロの第一歩もここからだった。ランニング、キャッチボールなどで汗を流し、プロ22年目へと始動。来季開幕は東京五輪の影響で3月20日(対ヤクルト)で、同29日だった今年より9日も早いことも計算の上だった。

 「ランニングとか、多少アジリティ(敏しょう性)系の動きをするのに2週間くらい早いだけ。(例年)12月の15日くらいからやっていたから、あまり変わらない。来年早いので。それだけ」

 今季開幕前から言い続けてきた“目標”が「みんなを喜ばせること」。日米通算250セーブまで、あと7に迫るが、40歳になってもそれは変わらない。

 「年齢は関係ない。勝たないとね。勝てないまま年齢を重ねたファンの方がたくさんいるので(笑い)。そっちの方が大事」

 14年間も遠ざかっているリーグ優勝。前回05年はリーグトップの46ホールド、防御率1・36の大車輪の活躍で貢献した。美酒の味を知っているだけに、チームメートに、ファンにそれを味わってほしい思いしかない。まさに不惑だ。

 「迷うことはないですよね。個人的な欲求がないので。みんなに喜んでもらうための準備。それで自分がありがとうと感謝されるわけで。そっちの喜びの方が大きいから」

 優勝のために自身のやるべきことは分かっている。そして優勝するために何が必要なのかも自分なりの答えはある。「この腕の力があるうちに他の(チーム)戦力がもっと上がってもらって、支えている自分たちがいながら、そこで大きく羽ばたいていく若い選手たちが出てきてくれると、チームは勝てると思う」。大いに持論を展開しながら、球児の2020年がもう始まった。(山添 晴治)

 ◇藤川の本格始動 藤川が秋季練習以降、11月中に来季に向けて本格始動するのは、阪神に復帰した15年以来4年ぶり。同年は入団会見翌日の11月25日に鳴尾浜球場を訪れ、キャッチボールやウエートなど約5時間半の自主トレ。以降も連日精力的に汗を流した。阪神在籍中はけがの治療に専念したオフを除けば、主に12月からの始動で、昨年は契約更改を終えた12月5日にハワイへ出発。年末まで長男をパートナーに自主トレを行った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月23日のニュース