タイガース格付けチェック 北條、木浪が“相棒”バット的中に拍手

[ 2019年11月23日 13:01 ]

阪神タイガース ファン感謝デー2019 ( 2019年11月23日    甲子園 )

<阪神ファン感謝デー2019>新ユニホームをお披露目する(左から)木浪、近本、青柳(撮影・平嶋 理子)        
Photo By スポニチ

 タレントの陣内智則、浜口順子、シャンプーハット・こいで、松村邦洋が登場し「タイガース格付けチェック」が行われた。

 選手は高校時代に甲子園に出場経験のある「華の甲子園組」と、不出場の「涙の地方大会組」に分かれた。福留、藤川、北條が「華の甲子園組」、能見、梅野、木浪が「涙の地方大会組」として対決。球団のロゴマークの細かい違いを見抜く問題や、トランペットの音当て、アイマスクをして自分のバットを当てるクイズに挑戦した。

 中でも自分のバットを当てるクイズでは5つの選択肢の中から北條、木浪が両者とも見事に“相棒”を的中。場内から拍手が沸き起こっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月23日のニュース