侍J・岸 韓国戦先発候補も「投げろと言われたところで投げるだけ」

[ 2019年11月11日 05:30 ]

プレミア12スーパーラウンド   日本―オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

キャッチボールしながら稲葉監督(左)と話す岸(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 岸は遠投やランニングなどで調整した。1次ラウンドの先発登板は発熱の影響で回避したが、7日の台湾戦にリリーフで1イニングを無安打無失点。

 16日の第4戦・韓国戦の先発候補に挙がる。「投げろと言われたところで投げるだけです。中(救援)で待機することもあると思うので、しっかり準備だけはしていきたい」と準備万端を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月11日のニュース