ソフトB 平石コーチが入団会見、前楽天監督「トライしようと思った。覚悟を持って決断」

[ 2019年11月11日 10:48 ]

ソフトバンク・平石コーチ(右)は三笠杉彦GMと握手する
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの打撃兼野手総合コーチに就任した前楽天監督の平石洋介氏(39)が11日、秋季キャンプを行う宮崎・生目の杜運動公園で入団会見を行った。ライバル球団の監督からコーチへの就任に「早い段階から熱心に誘っていただいた。考えることもあったが、異例かもしれないがトライしようと思った。僕自身、覚悟を持って決断している」と語った。

 新しいユニホームに袖を通し、「久しぶりに気持ちが高ぶっている。ユニホームが似合ってるか、一番心配。本多コーチに似合ってるか聞きました」と笑った。本多内野守備走塁コーチにつぐ、若いコーチとなる。「選手とチームが良い方向に向くため、本当に腹割ってつきあえる関係にならないといけない」と話した。

 中学から野球留学で大阪へ移ったが、大分出身の新コーチ。九州唯一の球団への入団に「(九州は)小学生以来。想像していなかったし、嬉しく思う」。福岡のファンに向け、「僕のことを知らない方もたくさんいると思うので、一日でも早く名前と顔を覚えていただけたらと思う。背番号78です」と猛アピールしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月11日のニュース