オリックス・金田が雪辱誓う ケガに泣いた今季は自己ワーストの6試合登板 

[ 2019年11月11日 05:30 ]

 来季で加入4年目を迎えるオリックス・金田が雪辱を誓った。今季は右手の負傷で約3カ月の離脱が響き、自己ワーストに並ぶ6試合登板。秋季キャンプでは個別練習でブルペン入りして100球近く投げ込むなど投球フォーム固めに徹して「来春に向けて良いものをつかみたい」と巻き返しに余念がない。

 「今まで通りではダメ」とカットボールやカーブなども練習。1月には例年通り阪神藤川との自主トレを予定し、阪神時代の14年に記録した自己最多40試合登板超えを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月11日のニュース