侍Jへの“壁” 豪州2メートル左腕ケネディ BC栃木で防御率0.00「対戦はエキサイティング」

[ 2019年11月11日 05:30 ]

プレミア12スーパーラウンド   日本―オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

豪州の長身左腕ジョン・ケネディ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 オーストラリアは日本に続いてZOZOマリンで練習を行い、11日の試合に備えた。

 2メートル左腕のケネディは今季、BCリーグ・栃木でプレー。救援で21試合に登板して無失点、防御率0・00と抜群の成績を残した。

 8日のカナダ戦でも4番手で勝利投手になっており「日本との対戦は楽しみ。エキサイティングだ」。NPBの試合はテレビで見ていたといい「レベルが高い。MLBに近いと思う」と話した。今日の日本戦は右腕ルジッチが先発。ジェームズ・ベネット投手コーチは「日本の打者は能力が高く、全員が素晴らしい」と警戒した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月11日のニュース