侍J、俊足コンビで待望の同点! 代走・周東が鮮やか二盗、三盗 2死から源田のバントで周東生還!

[ 2019年11月11日 21:26 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第1戦   日本―オーストラリア ( 2019年11月11日    ZOZOマリン )

<プレミア12 日本・オーストラリア>7回2死三塁、打者・源田のセーフティーバントで三塁走者の日本・周東がオーストラリア・ウィルキンス(右)のタッチをかいくぐり生還する (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 球界屈指の俊足を買われて侍ジャパンに初選出された周東佑京外野手(23=ソフトバンク)が最大の武器である足で大きな1点をもぎ取った。

 1―2で迎えた7回。中前打で出塁した先頭・吉田正(オリックス)の代走として出場すると、二塁へ、三塁へと鮮やかに盗塁成功。

 2死三塁の場面で打席に入ったこれまた俊足の源田(西武)が投手の前へ意表を突くセーフティーバント(記録は野選)を決めると、周東が快足を飛ばして同点のホームを踏んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月11日のニュース