巨人・阿部、2安打1打点で存在感「気持ちがボールに乗り移った」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第3戦   巨人6―7阪神 ( 2019年10月11日    東京D )

3回1死一、三塁、阿部はタイムリーを放ち、ベンチに向かってガッツポーズ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 今季限りで引退する巨人・阿部が2安打1打点と存在感を放った。

 「5番・一塁」で出場。打席のたびに浴びる大歓声を力に変え、3回1死二、三塁では「気持ちがボールに乗り移って、間に抜けてくれた」と一、二塁間を破る右前適時打。5回にも右前打を放ったが、チームは敗戦。「いくら打っても勝てなきゃ意味がない」と球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月12日のニュース