【隠しマイク】阪神・梅野「撮らんで。撮らんで。撮らんで。撮らんで。撮らんで…」

[ 2019年10月12日 09:00 ]

セCSファイナルS<巨・神>3回無死、梅野は左越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ◎巨人のドラフト1位・高橋は登板予定の12日が台風19号の影響で順延になり「誰のせいですかね?3時間くらい話せます」。雨天中止は今季3度目の雨男です。

 ◎沖縄出身の西武・山川。12日に関東を直撃する台風19号に「僕も明日は家から出ませんよ。絶対になめちゃいけません」。ファンの皆さんくれぐれも気をつけましょう。

 ◎第2戦で顎を6針縫ったソフトバンク・高谷は大きな絆創膏(ばんそうこう)をして登場。ジョリジョリのヒゲがないことを突っ込まれると、「もう青くなってきたよ」。元気そうで良かったです。

 ◎岡本のバント練習を見た巨人・坂本勇は「“俺がバントするときは、巨人軍が終わるとき”っていってたやん」。31本塁打の主砲は今季、犠打も2つ決めています。

 ◎試合前恒例、西武・辻監督と球団OB・松沼博久さんのやりとり。「(連敗したので)真っ白な気持ちで、と思って(下着は)白いシャツを着てきた」という松沼さん。辻監督に「何で長袖?」と突っ込まれると「いや、間違って買っちゃって…」。

 ◎テレビカメラが自分を狙っていると察した阪神・梅野は小声で「撮らんで。撮らんで。撮らんで。撮らんで。撮らんで…」と5連発。恥ずかしさから思わず博多弁が飛び出していました。

 ◎阪神の木浪は打撃練習に向かう際に「今日ここ暑くない?」と一言。ベンチ周辺にはレギュラーシーズン以上の報道陣がいました。

 ◎ソフトバンク・甲斐野は第2戦で飛んできた中村晃のファウルボールを避けて受け身を取っていたことを聞かれると、「めっちゃ危なかったッス。レフティー・スナイパーに狙撃されました」。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月12日のニュース