西武、千賀に獅子おどし打線沈黙 3連敗で崖っぷち 辻監督「完敗やったね」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第3戦   西武0―7ソフトバンク ( 2019年10月11日    メットライフD )

険しい表情の辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 リーグ連覇の西武が3連敗を喫し、崖っ縁に追い込まれた。自慢の「獅子おどし打線」が、千賀の前にわずか2安打と沈黙。アドバンテージを含めても1勝3敗となった辻監督は「完敗やったね。千賀が良かったよね」と言葉を絞り出した。

 投手陣が踏ん張れず、打線も最後まで反撃できなかった。1点を先制された直後の初回には2死一、二塁と好機をつくったが、前日にチーム初安打のソロを放ち、反撃ののろしを上げた外崎が空振り三振。その後も3、4回と先頭が四球で出塁するも、後続が倒れた。高橋純に代わった9回は、山川が2死から四球を選んだが、ここまでだった。

 シーズンで両リーグ最少の4完封、両リーグ最多の756得点を誇る強力打線が力負け。秋山は3試合連続安打と意地をみせたが、「一日1本じゃ仕事ができてるとは思っていない。なんとかまず一つ勝って、どうにか流れを変えないと」。指揮官も「あとがないからやるしかない。びびることもないし。一つ勝ったら、流れも変わる。まだまだ、諦めませんよ。野球は何があるか分からない」と自らに言い聞かせるように話した。もう1敗もできなくなったが、ファイナルSでソフトバンクに敗れた昨年の悔しさを、再び味わうわけにはいかない。(武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月12日のニュース