阪神・近本、満塁一掃打で感情爆発「何とかしたいという思いだった」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第3戦   阪神7―6巨人 ( 2019年10月11日    東京D )

5回2死満塁、走者一掃の逆転適時三塁打を放ちガッツポーズの近本(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 一気呵成の展開で、最高の仕事をやってのけた。1―4で迎えた5回は2点を返し、なおも2死満塁。普段は冷静な近本も、珍しく感情が高ぶった。

 「何とかしたいという思いでした。打席で冷静な部分もありましたけど、気持ちがちょっと(前に)いっていたので、何点差だとか、打ったら逆転とかは考えれていなかった」

 引き分けさえも許されない一戦。セ・リーグ新人の最多安打記録を塗り替えた男でさえも、1球が持つ重みをかみしめていた。だが、そんな重圧さえも、力に変えてしまう。カウント2―1の4球目。高木が投じた内角高め直球を、無我夢中で振り抜いた。白球が右翼線で弾む。一時は逆転となる走者一掃の適時三塁打でこの回一挙5点。猛虎が試合前半の劣勢から息を吹き返した。

 CSで新人が三塁打を放つのは史上3人目という快挙だった。レギュラーシーズンではリーグ最多の7本。そのうち4本は巨人戦という好相性も味方につけた。

 大阪ガス時代から、短期決戦での勝負強さは光っていた。同じ東京ドームが舞台だった18年の都市対抗。準決勝・JR東日本戦で同点の8回に左翼席へ勝ち越しソロを放った。三菱重工神戸・高砂との決勝でもリードを広げる適時打を放ち、初優勝に貢献。5試合で21打数11安打の打率・524、1本塁打、5打点の活躍を見せ、同大会のMVPに相当する橋戸賞に輝いた。

 「(劣勢で)何とかしたい気持ちがあったので」

 2試合ぶりに1番で起用された前日10日は4打数1安打に終わり、チームに勝利を呼びことは叶わなかった。借りはすぐさま返す。土俵際に立たされた状況で、まばゆい輝きを放った。 (長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年10月12日のニュース