阪神・梅野3安打2打点 “恐怖の8番”が先制弾「自分のバッティングができた」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルステージ第3戦   阪神7―6巨人 ( 2019年10月11日    東京D )

3回無死、梅野は左越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 扇の要が打席で躍動した。梅野がファイナルSではチーム初の猛打賞で2打点を挙げて勝利に貢献。まずは3回先頭で潮目を変える一発を放った。

 「初対戦でしたし、なかなかチームにタイムリーが出ていなかったので、流れが変わるところで自分のバッティングができて良かったですね」

 カウント3―1から19歳戸郷の148キロを捉え、左翼席中段へ着弾する先制ソロ。第3戦で初めて先手を奪った。直近2日間で挙げた得点は第1戦での暴投と押し出し四球の2点だけ。打って奪った初めての得点だった。

 劣勢で迎えた5回1死満塁の好機では高木から1点差に詰め寄る左前適時打を放ち、9回には左翼フェンス直撃の二塁打で3安打目。7回無死一塁では投犠打をきっちり決めるなど抜け目なく「恐怖の8番打者」として勝利をたぐり寄せた。

 「追い付かれたけど、追い越されなかったことが良かった。ドリスも打たれたけど何とか粘って、最後は球児さんが抑えてくれた。引き分けでもダメな状況で勝ちきることができて良かった」

 崖っぷちの状況で何とかもぎとった1勝。打の主役となっても最後は捕手として勝利の味をかみしめていた。 (巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月12日のニュース