元広島の梵が引退「戦友には感謝の気持ちでいっぱい」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

広島時代の梵
Photo By スポニチ

 元広島で、18年から社会人野球エイジェックで選手兼コーチとしてプレーしていた梵英心内野手(39)が11日、今季限りで現役引退することを発表した。

 駒大から日産自動車を経て、05年大学生・社会人ドラフト3巡目で広島に入団。俊足巧打の遊撃手として1年目の06年に新人王、10年に盗塁王、ゴールデングラブ賞を獲得した。梵はマネジメント会社を通じ、「今まで支えていただきましたファンの皆さま、球団関係者の皆さま、各チームでの戦友には感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月12日のニュース