ソフトB中村晃、2戦連続V打「初回に点が入れば投手も楽になる」

[ 2019年10月12日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第3戦   ソフトバンク7―0西武 ( 2019年10月11日    メットライフD )

初回2死一、二塁、先制中前適時打を放つ中村晃(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・中村晃が2戦連続の決勝打を放った。2試合続けて5番で起用され、初回2死一、二塁から先制の中前適時打。「初回に点が入れば投手も楽になる。みんな思い切っていけている」。

 CSファーストSでは無安打だったが、ファイナルSは7打数4安打4打点1本塁打。「(5番は)そういう打順なんで」と本人は冷静に振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月12日のニュース