PR:

広島 九里 プロ初完投「最後のアウトを取る難しさも分かった」

交流戦   広島13―4ソフトバンク ( 2018年6月17日    ヤフオクD )

完投で2勝目の九里(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島・九里は117球を投げ抜き、無四球でのプロ初完投で2勝目をつかんだ。8回までは5回に浴びたデスパイネのソロのみに抑え、内川、デスパイネの2本塁打で3失点した9回も投げきった。

 「逃げの投球をしても仕方ない。広くはない球場なので、本塁打は仕方ないという気持ちで攻めた。最後のアウトを取る難しさも分かった」

 前回10日の楽天戦では6回無失点ながら5四球。「ゾーンの中で勝負するというスタイルなので、どんどん勝負しようと思った」と反省を生かし、ソフトバンクの強力打線を強気で攻めた。交流戦で投手陣が12球団最低の防御率5・57に沈む中、投壊現象を食い止める力投で連敗脱出に貢献した。

[ 2018年6月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月21日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム