PR:

日本ハム・上原 打者顔負けスイングでプロ初アーチ 自らバットで援護

交流戦   日本ハム―広島 ( 2018年6月18日    マツダ )

<広・日>5回、ソロ本塁打を放った上原はガッツポーズ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本ハムの上原健太投手(24)が18日、広島との交流戦で貴重な追加点となるプロ初アーチを5回に放ち、自らの投球を自らのバットで援護した。

 3―1で迎えた5回、先頭打者として打席に入ると、相手先発・福井優也投手(30)が投じた1ストライクからの2球目、低めのフォークボールをすくい上げ、打者顔負けのフルスイングで右翼スタンドへ運んだ。

 スタンドインを確認した上原は満面に笑みを浮かべ、一塁ベース手前でガッツポーズ。ベンチの栗山英樹監督(57)はびっくりしたように打球を見上げ、ダイヤモンドを1周してベンチに戻った上原はチームメートと次々にハイタッチを交わすと、頭を何度もたたかれた。

 沖縄県出身の上原だが、高校時代は広島の名門・広陵育ち。2回の初打席は空振り三振だったが、プロ2打席目で堂々の初本塁打をかけ、第2の故郷にまずはバットで錦を飾った。 試合速報

[ 2018年6月18日 19:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム