PR:

ソフトバンク 球団はムネリンの「意思を最大限に尊重」し退団発表も話し合い続ける意向

川崎宗則のソフトバンク退団について話をする、三笠球団統括本部長
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは26日、川崎宗則内野手(36)の退団を発表した。

 米球界から古巣ソフトバンクに復帰した昨季は7月に故障で戦線を離脱。今季の契約は未更改だった。球団関係者によるとチームは再契約を望んだが、体調不良が続いて調整が進まなかった。

 三笠杉彦球団統括本部は「当球団としましては、川崎宗則選手に対して、2018年シーズンも継続してホークスにて活躍いただきたい旨をお伝えし、話し合いを続けてまいりましたが、川崎宗則選手本人の意思を最大限に尊重することとして、今回の結論に至りました」とし、「一旦、自由契約の手続きはとりますが、今後も川崎宗則選手本人との話し合いは続け、引き続き、福岡ソフトバンクホークスのみならず、野球界に貢献していただけるような形となるように、検討してゆきたいと思います」とコメント。

 今後も川崎の回復を待ち、話し合いを続ける意向を示した。

 川崎は球団を通じ、「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり、体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。このような状態で野球を続けるのは、今は自分には考えられません。悩んだ末、この度、ホークス球団と協議して自由契約という形で、野球から距離をおいてみようと決断しました」とコメントを発表。

 「川崎宗則が元気でプレーする姿を楽しみに待ってくれている皆様には、本当に申し訳ない決断ですが、今は環境を変えて、じっくりと心と体の回復につとめます」としている。

[ 2018年3月26日 16:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月22日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム