レッドソックス 通りの名称変更を要望 批判集まる「ヨーキー通り」

[ 2018年3月1日 12:30 ]

ヨーキー通りでスピーチするデービッド・オルティス氏 (AP)
Photo By AP

 AP通信は28日、レッドソックスが本拠地フェンウェイ・パークに面した通りの名称変更をボストン市に求めていると報じた。

 この通りは「ヨーキー通り」と呼ばれ、チームの元オーナーであるトム・ヨーキー氏にちなみ、1977年に「ジャージー通り」から名称が変更された。

 しかし、ヨーキー氏はアフリカ系の選手がメジャーリーグでプレーすることをよしとしない人物で、レッドソックスがアフリカ系の選手と契約したのは、全球団の中で最も遅い1959年。ジャッキー・ロビンソンがアフリカ系の選手として初めてメジャーデビューを果たしてから、12年も後のことだった。

 こうした背景から、「ヨーキー通り」という名称には批判が集まっており、レッドソックスとしてはもともとの「ジャージー通り」に戻したい考えだという。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年3月1日のニュース