ソフトB中田 3回完全で猛アピール「真っすぐが良かった」

[ 2018年3月1日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク3―0楽天 ( 2018年2月28日 )

先発し3回無失点の中田
Photo By スポニチ

 小雨が降る悪条件にも動じなかった。ソフトバンク先発の中田が3回を打者9人で抑える完全投球。5個のゴロアウトを奪うなど、わずか24球で料理し「真っすぐが良かった。野手が守りやすいように、テンポ良く投げることを意識した」と納得の表情を見せた。

 直球の最速は144キロを計測。カーブ、スライダー、フォークを交え、ストライクを先行させた。それでも「甘い球もあった。まだまだやらなければいけないことはある」と反省も忘れなかった。

 工藤監督の構想では千賀、東浜、バンデンハーク、和田、武田の5投手はローテーション入りが当確。昨年に続く開幕ローテ入りへ、残り1枠を石川らと争う。今後はオープン戦でイニング数を伸ばしながら、結果が求められるだけに「監督、コーチにいいものを見せていかないといけない立場」と引き締めた。

 投球を見守った工藤監督は「いい評価をしている。今日のような投球をシーズンでも続けてくれればと思って見ていた」と評し、倉野投手統括コーチも「テンポも良かったし、いい仕上がり」と目を細めた。

 今季プロ14年目を迎える35歳。ベテランの域に入った右腕は「先発の枠に入れるようにやっていきたい」と、語気を強めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月1日のニュース