ハム清宮、2戦連続のフェンス直撃二塁打!

[ 2018年3月1日 19:55 ]

5回2死二塁、太田の中前適時打で二塁から生還する清宮(右)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が1日、札幌ドームで行われた台湾ラミゴとの練習試合に途中出場し、2試合連続となる二塁打を放った。

 清宮は4回の守備から「4番・一塁」の中田に代わり途中出場。4―0の5回2死無走者の場面で、相手左腕の初球をとらえ、中堅フェンス直撃の二塁打。続く5番太田の中前適時打で二塁から生還する好走塁を見せ球場のファンを沸かせた。

 6回の第2打席は満塁の絶好機だったが、三邪飛に倒れた。8回の第3打席は右直だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月1日のニュース