ロ軍右腕グレイ 大谷は「素晴らしいアスリートと分かった」

[ 2018年3月1日 05:30 ]

オープン戦   ロッキーズ2―5エンゼルス ( 2018年2月27日    スコッツデール )

エンゼルス戦で力投するロッキーズのグレイ
Photo By スポニチ

 ロッキーズの右腕3投手もエンゼルス・大谷との対戦を楽しんだ様子だった。

 グレイは「打席に入ったときに、とても素晴らしいアスリートだと分かった」と持ち上げ、3回に対戦したホフマンは「彼のスイングスピードを落とすために内角を攻めていかないと」と対策を口にした。6回に対戦したオッタビノは「強く打ち返していた」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月1日のニュース